メイン

2020年09月22日

Zoomでアカデミー(1)

昨年初めて参加したアカデミーですが、9/20より2020年後半のコースが始まりました。講師は京都在住の写真家、笠井享先生です。
このご時世なので、計3回行われるアカデミーは全てZoomです。第一回は各自の蔵出し写真を送り、それに対する講評。普段テーマを決めて撮る事はほとんど無いのですが、看板や質感のある壁は色々撮っていたので、その辺から数枚選んでみました。

ニコライ堂の敷地にある建物で、「この壁の質感がたまらん・・・」という気持ちで撮った一枚。電線の影の雰囲気も好きです。でもって、この一枚についての講評ですが、「色々写り過ぎている」という指摘がありました。壁上部の横のラインや、窓などがそう。電線の影を中心にまとめるなら、もう少しトリミングするなり、モノクロで表現する方法もあるという事で、改めて出してみたのが下の写真。



色々と画面に入れてしまいがちなので、ポイントはどこまで「引き算」出来るかという事でしょうか。でも、撮る時にはついつい色々入れてしまうんですよね(笑)

本来は京都で行われるアカデミーですが、3回ともZoomという事で、撮り歩きが出来ないのは寂しいところ。ただ個人的には、たまたまですがZoonに救われています。今回は帰省中の実家から参加出来たのと、3回目も出張中につき、そこから参加出予定という事で、場所を選ばないのはイイですね。

2020年03月30日

いろいろな場所で咲き始めた。

FUJI200(M-A, SUMMICRON 35mm)

2020年02月15日

アカデミー(7)

2月のアカデミーはポートレート撮影実習。京都の東山にある「長楽館」で行われました。普段は35mm、または40mmを使う事が多いのですが、今回はフォクトレンダーの75mm(f1.8)。その75mmで使う事を前提に1.4倍のマグニファイアを最近導入しましたが、ピント合わせが格段にし易くなりました。拡大されるのもそうですが、等倍で見える事による恩恵が大きいかも。講師の笠井先生のカメラや、アカデミー参加メンバーのカメラにも装着されていたので、Mシステムでは定番のアイテムなんですかね。 


長楽館にて
ULTRAMAX400(M-A, HELIAR classic 75mm)


まずはアフタヌーンティーを頂き、そのあとはポートレート撮影のポイントについて、笠井先生からの解説がありました。人物と光の位置関係、アングルによる印象の違い、撮る側が相手に対してどう振舞うかなど多くのポイントがあり、すぐに実践するのはなかなか難しい(汗) そこは復習として、カミさんにモデルになってもらい、家で練習するとします。

今回はプロのモデルの方が来られており、窓際の姿を撮らせて頂きました。普段とは違うシチュエーションなので、こちらが緊張してしまう(笑) タンバールというレンズを借りても撮影しましたが、独特なソフトな仕上がりに驚きました。それと同時に、ピント合わせの難しさも感じたレンズ。(こちらも、落としたり傷つけたりしないよう、緊張!)


八坂神社
400TX(M-A, SUMMICRON 35mm)


帰り道はアカデミーの方(なんとモノクロ専用機を使われていた!)と、八坂神社を取りながら帰宅。この写真以外にも提灯の列を何枚か撮りましたが、2重像のミスマッチが起こりがちなので注意が必要です。人間の目が、等間隔に並ぶパターンを見た時に起こしやすい奥行きの違和感(視覚のミスマッチ)と同じですね。灯りに照らされた神社の雰囲気はなかなか良く、フィルムを最後まで撮り切ってこの日は終了しました。今度は近くの神社で行われる夜祭りでも撮ってみよう。

2020年01月26日

通りぬけ

通りぬけ出来ないと言われるほど、確認してみたくなります。

2020年01月16日

年をまたいで

年末撮ったフィルム(400TX)から。年をまたいだので現像までに日が経ってしまいましたが、フィルムで撮った写真というのは、それを見れば撮影時のシチュエーションが思い出されるもの。要はシャッターを押すまでに時間がかかっているという事で、押さないという選択もあります。

建仁寺

2019年12月30日

400TX

今年最後の装填はコダックの400TX。

2019年11月25日

アカデミー(5)

11月のアカデミーは美山の里での撮影実習でした。かやぶき屋根の家屋が幾つも残っており、一帯が昔の雰囲気を残しており、実際に生活が営まれているという場所。笠井先生が「テーマを絞って撮るのも良い」という話をされていましたが、魅力的な被写体があり過ぎて、ついついシャッターを押してしまいます。結局フィルム2本を撮りきり、3本目に突入していました。


陽が傾くまで、参加者は思い思いの場所で撮影。おそらく同じ被写体を皆がカメラにおさめたと思いますが、どのようなアングルで撮ったのかは興味あるところ。寄って撮ったのか、引いて撮ったのか、はたまたローアングルか。同じ被写体も、それに対する視点が人それぞれな所が写真の面白さだと思います。

2019年11月20日

京都の夜散歩(2)

木屋町通り

2019年11月05日

京都の夜散歩(1)

「たばこ」や「でんわ」の看板が好きだったりする。

2019年07月31日

F2.0

絞り開放(F2.0)の祇園祭、なかなか良い雰囲気。

2019年06月28日

梅雨入り

遅めの梅雨入りをした西日本。令和初の台風も発生したという事で、夏はすぐそこ。


雨の京都

2019年02月27日

歌舞練場

先斗町の歌舞練場。初めて使った「ILFORD DELTA 100 PROFESSIONAL」にて撮影。

2019年02月24日

ニューアイテム

「和」なニューアイテムが追加されました。良さげな野菜に見えてくるのが不思議。

2018年12月10日

Acru カシェ・レッタ

M-Aを使い始めて約1年。ようやく専用ストラップをあつらえました。Acru(卉奏)のカシェ・レッタで、数年前にオリンパスペンFV用で購入して以来、2度目です。このストラップの特徴は「表に金属部品が出ない」という点で、鞄に入れていてもキズ付かないという安心感があり、金具を隠すレザーパーツもアクセントが効いてイイ感じです。


お店でのオーダーはカスタマイズ可能。今回はベース色をブラック、金具を隠すパーツの表側をネイビー、裏側をブラウンの仕様で注文しました。革の種類から選ぶ事が出来るので、大まかなイメージを決めて行った方が良いかも。ステッチ色もサンプルを見ながら選べ、こだわる人だとなかなか決められないかもしれません(笑)。自分自身、初めはベース色をチョコにするつもりでしたが、お店で現物を見て考えた結果ブラックになりました。


お店の外観。気づかずに通り過ぎてしまいそうです。

[住所]
〒563-0054
大阪府池田市大和町4-13

2018年11月24日

でんわせん

街歩きをしていてたまに訪れる、喜びの瞬間。
「いいもの見つけた!」

2018年03月23日

モノクローム

モノクロフィルムも色々あり、先日初めて使用したのは「Pancro400」。お店の人が「現像に時間がかかるかも」と言われていましたが、通常納期で仕上がりました。


大阪にて



車窓から



露出があやしい…

2018年02月10日

ステーション

使用期限を若干過ぎたモノクロフィルム「Kodak 400TX」にて駅巡り。普段通り過ぎるだけの駅も、カメラを携えて訪れてみれば見方は変わるものです。


やはり京都駅が一番!



懐かしの0番ホーム。昔、ここから日本海に乗っていたのを思い出します。



大阪駅。以前の姿が思い出せない…



普段訪れる事はほとんど無い阪急梅田駅。我が子のリクエストにて、ここに立つ。


フィルム現像でお世話になっているのはトイラボさん。フィルムで撮った写真も、こうしてWEBに上げたり、メールで送ったりする機会が多いので、円盤に焼かれて戻ってくるのは助かります。以前は自分でスキャニングしていましたが、なかなか時間の取れない昨今はこうしたサービスはありがたいもの。リバーサル現像は2017年で終了されたようで、そこはちょっと残念です。

2018年02月06日

京都駅

ひさびさに登ってみた。

目線

最近フィルムカメラの使い方を覚えた我が子、巻き上げ動作を含めてやりたがります。先日も「シャッター押させて」攻撃を受けた結果、こんな写真が出来上がりました。


子供目線



おとな目線


kyoto_st_04.jpg
たまにはシャッターを押させてみるのも面白いと感じる、今日この頃。