2022年06月21日

ようやく

ホーチミン出張も2ヶ月近く経過。ようやく出口が見えたので、PCR検査の日程を決めるなど帰国の準備を進めています。出張中は週休1日だったので、そこが2日に戻るのは嬉しいものです。休みの日のルーチンとしては、午前中の「GR散歩」を兼ねて外で朝食。昼前にホテルに戻り、そこから我が子とニンテンドースイッチでオンラインゲーム(あつまれどうぶつの森)をやっていました。家とはLINE通話で、お互いゲームをしているグウダラな姿を垂れ流している状態。昨今のWiFi環境に感謝ですね。


2022年05月23日

夜景

GR2 28mm

2022年05月18日

休日の一杯


出張中の休日は日曜のみ。コーヒーを飲みながら本を読むのが一番のリフレッシュ。



ドンコイ通り
Hào cafe

2022年05月07日

ホーチミン、再び。

前回ホーチミンを訪れたのは2019年。コロナ禍で延び延びになっていた出張がようやく実施され、しばらく滞在中です。1日あたりのコロナ感染者数は全国で3千人台、ホーチミン市では50人以下にまで減少しています。観光客の受け入れが始まっているので、これから新たな波は来るんでしょうけどね。またこちらは雨期に入ったようで、晴れていたと思えば遠くに黒い雲が現れ、小一時間ほど雨が降り始めます。一応傘は持ち歩いていますが、あまりの豪雨で待機中に撮ったのがこの写真。結構な雨の中、皆レインコートを着てバイクで普通に走っています。

2022年04月03日

サクラ咲く

GRⅢx(40mm) ポジフィルム調


満開!!

2022年03月27日

4月25日橋


今年の誕生日プレゼント、内藤さゆりさんの写真集「4月25日橋」をカミさんにリクエストしました。ポルトガルのリスボンで撮影された街の風景が収められていて、見ていると石畳・アパート・海などを眺めながら散歩をしている感覚になります。そして行ってみたくなる。その場を満たす光と色がとても綺麗で、何度見返しても飽きません。



「4月25日橋」という変わった名前の橋ですが、地図で見るとかなり重要な場所にありますね。それより東にある「ヴァスコ・ダ・ガマ橋」と合わせて、リスボン市民には欠かせない橋というイメージ。この位置関係を見ると、滋賀県民なら「近江大橋」と「琵琶湖大橋」を思い浮かべるに違いない。

2022年03月24日

京都水族館

GRⅢx(40mm) ポジフィルム調


家族で京都水族館へ。春休みという事で、平日のわりには多い人出でした。「あつ森」や「ゆるゆるシリーズ」で知った生物をチェックする我が子、思いのほか水族館を堪能してましたね。

2022年03月06日

カムカムエヴリバディ

ゲゲゲの女房以来、久々に見ている朝ドラが「カムカムエヴリバディ」。1925年からの100年の物語で、実際に見始めたのはヒロインが深津絵里になってからです。登場人物の一人を「自分と同じ世代かな~」と思っていたところ、ビンゴ。全くの同い年でした。町の雰囲気が時代とともに変わっていくのが面白く、自分の記憶と照らし合わせながら楽しんでいます。最近ではゲームボーイらしきアイテムもチラッと出てましたね。

写真は、ドラマとは全く関係のない京都駅。夜に訪れるのもイイものです。

2022年02月27日

千鳥

色々な場所にいる千鳥を探すのが最近のマイブーム。


石畳とともに整然と並ぶ千鳥


見上げた電灯の下に3羽

2022年01月22日

フィルムの収納


以前から無印良品の「ポリエステルダブルファスナーケース・M」を愛用しているのですが、最近になってフィルム収納にジャストフィットする事が分かりました。撮影に予備として持っていくフィルムはカラー・モノクロをそれぞれISO感度別に連れて行きますが、5本のフィルムがピッタリ収納出来ます。まあ実際使うのはその中から1、2本ですが、「あると安心」という気持ちから。



また、家ではフタ付きの箱にしまっていたフィルムですが、撮影前になると「何持ってたっけ?」と中身を確認するのが常でした。これも「桐葉菓(とうようか・広島の銘菓)」の箱がジャストフィットする事に気づき、今年からオープンスタイルで部屋の片隅に置いています。フィルム収納するなら6個入り桐葉菓がオススメ。おいしいですよ。

 

アーカイブ