メイン

2021年01月25日

17th


カラーとモノクロを勘違いされながら撮られていたウチのLC-Aですが、2月でこの子も17歳を迎えます。今回、あらためてACROS100を装填する事に。フィルムは「生産終了」というアナウンスの後にまとめて買ったやつなので、少々期限切れではありますが気にしません。結局後継のACROSⅡが発売されたんですけどね。LC-Aはトイカメラとして扱われる事が多いのですが、そこまでトイカメラっぽい写りをするわけでは無く、ピントの合わせ方に慣れれば綺麗に撮れるカメラです。多少クセがあるので、それが「ロモっぽい」と呼ばれる所かも。カメラ購入時に付いてくるミニ写真集からは「変わった表情、変わったアングル、非日常をイメージさせる状況でアバンギャルドな写真を撮らんとアカンねん!」とプレッシャーをかけられるのですが、普段の日常を撮ってますよ(笑)


ACROS100(LC-A) 2018



ストラップを付ける場合はココ。以前、わが子に持たせた時は何度か落下させたので(芝生だったのでセーフ)、それ以降はストラップを使っています。 カメラ本体の雰囲気・サイズ感はGRに近いので、それこそジーパンの後ろポケットに入れて、気軽にスナップするには最適かと。子供と散歩する時は特に感じますが、ノーファインダー&片手で撮れるのが良いですね。

2021年01月22日

勘違い

先日、立て続けにフィルムを撮り切りました。その一つがLOMO LC-Aに装填していたやつですが、てっきり「ACROS100」とばかり思い込んでいたところ、出てきたのはフジのカラーフィルム100。あれぇ… 装填したのは夏だったので、ど忘れしていたようです。昔の実家のカメラなど、よほど趣味で撮らない限りはこんなペースで現像していましたが、数か月経てば忘れるものですね。そして装填している銘柄を確認できる小窓の必要性を感じた瞬間。


夏。この時点ではカラーで撮っている認識。


冬。モノクロのつもりで撮っていた…

2019年12月08日

こどもカメラ(現像)

フィルムを現像に出してみたところ、そこそこ撮れてました。看板や建物など、こども目線での写真は面白いですね。


こんな写真も撮っていた。

2019年12月04日

こどもカメラ(その後)

以前LOMO LC-Aをわが子に使わせようと思いついてから一年、先日実行してみました。「遠くは緑、近くは黄色」と教えてみると、それなりに使いこなしていたかな。あとは、「フィルムを使い切るまでは絶対にフタを開けないように」という約束もさせて。


遠景はきちんと緑に合わせて撮っていたので、現像結果が楽しみです。「近く撮ろっと」と言いながらレバーを操作して、5cmくらいの距離で撮っていたのはご愛敬(笑) LC-Aの最短撮影距離は0.8mです。ひとつ課題だったのが、たまに落下させていた事。芝生で良かった・・・

2018年12月22日

今更ながら

lomo_04.jpg

先月、眠っていたLOMOを久々に使った記事を書きましたが、今更ながら「いいじゃん」と感じております。子供と散歩をする時にポケットに入れておき、歩きながら片手で撮れるのが便利。適当に距離を決めてノーファインダーで行ってもそこそこ撮れます。今回はモノクロフィルムにしましたが、これも今更ながらフジの「ネオパン100ACROS」を初めて使ってみたところ、なかなか良いです。生産終了がアナウンスされているので追加購入しておこう。

2018年11月15日

こどもカメラ


先日「写ルンです」デビューをした我が子。そのうち使わせてみようと思うフィルムカメラの候補として、眠っていた「LOMO LC-A」を持ち出してみました。数年間使っていなかったので、とりあえずISO100のフィルム(これもLOMO)を詰めてテスト撮影。手元にあったスピードライト(キヤノン:ガイドナンバー14)を装着してのテストもやってみたところ、結構良く撮れます。高感度寄りのフィルムを入れて、あとはゾーンフォーカスの使い方さえマスターしてくれれば、子供用カメラとしては程よいかも。レンズカバーを閉じるとファインダー位置に現れる坊や(「ロモ蔵」と言うらしい)も可愛いしね。LC-Aであれば、距離を合わせるレバー位置に赤や緑の色が付いてるので、「家の中なら赤色」、「外では緑」といった教え方が出来るかもしれません。よし、試してみよう。

車窓から(その1)

車窓から(その2)